IchiharaYuki

Member Interview

市原 優希コールセンター部門(リユース事業):SV

2020年 入社

メンバー:市原 優希
メッセージ

今の自分に満足するのではなく、たくさんの人と関わる中で、学ぶ姿勢を忘れず、成長し続けたい。

今携わっている仕事とその
やりがいは?

リユース事業のお客様受付を担当しています。
この仕事は、お客様がどんな状況で電話していただいているのか、何もわからない状態で、尚且つ、高齢でサービスを受けるのが初めてで警戒心が強い方が多くいらっしゃいます。
はじめは警戒心を強くもたれているお客様でも、話していくうちに打ち解け、終話時には「たくさん私の話(事情)を聴いてくれてありがとう。」と感謝の言葉をいただける機会があるのがこの仕事のやりがいです。

入社した当初は傾聴力や提案力に自信が無く、お客様に不信感を持たせてしまうのではないか・・・など不安が多かったのですが、お客様から「ありがとう」の言葉をいただいてからは、「お客様はたくさんの会社の中からうちを選んで電話をかけてきてくださるのだから、お客様に安心を与えられるくらい自信をもって電話対応しないといけない」と強く意識し始めました。

意識し始めてからは、電話で話を聞きたかっただけのお客様も、「そんな良いサービスを提供しているのは電話で初めて知ったし、電話してよかった」「電話で聞いてみてよかった」と仰っていただけるほど、自信をもってお客様と話すことができ、その方に合った提案ができるようになりました。

私たちの電話対応が会社の第一印象になるので、「この会社を選んでよかった」と思っていただけるようにこれからも頑張ります!

会社や仲間の雰囲気は?

この会社は尊敬できない人はいないと断言できるほど、それぞれの個性を尊重して働かれている方が多いです。
1番感じたのは、チーム(4~5名)に分かれて、目標数を立てて、チームで協力して達成するという取り組みで、私がチームリーダーになった時です。

私は当時入社したばかりで、チームメンバーは私と違い経験値が高い人たちばかりでした。
正直、メンバーと話すのも緊張していたのですが、メンバーは温かく私をリーダーとして迎え入れてくださり、チームの目標達成のために【自分には何ができるのか】をたくさん考えて発言してくださる方ばかりでした。
また、私の知らないところでも、お互いを励まし合ったり、悩みを相談し合ったり、チームのメンバーが素晴らしい成果を出したときに自分のことのように喜べる人ばかりで感動しました。

新しくチームに入ってきた方から「ギスギスしている感じじゃなくて、お互いにどうしたら伸ばしていけるのか考えたり、フォローしあえる素敵なチームだと思います!」と意見をいただいたときは、新しく入ってきた人にも伝わるくらい素敵な方々と働けることに誇りをもてました。

上司も明るく、優しい方が多く、気になったことや悩みごとは何でも話せる関係です。
部署内の目標を達成したときには、全員で喜びを分かち合えることができるので、来月も目標達成に向けて頑張ろうという気持ちになります。
こんな素晴らしい環境で働かせていただいていることに本当に感謝しています。

今後の目標を
教えてください

今後の目標は2つあります。

1つ目は一緒に働く人たちが、自分らしくイキイキと働ける環境をつくること。

私は人の強みを見つけ、一緒に目標を考えて、人を伸ばすことにやりがいを感じているので、「自分ばかり」になるのではなく、一緒に働く人が様々な色を出して働けるように行動します。

2つ目は今の自分に満足するのではなく、人から学び続けることです。

入社してから、「今の自分に満足して、ぬるま湯につかり行動を怠っていなかったか」と考えると、そんなことはなかったと言い切れるくらい様々なことに挑戦させていただきました。
そのおかげで今まで気づかなかった自分の強みや弱み、今後のビジョンなどを考えることでき、成長できた1年だったと思います。

今後もこの思いを忘れることの無いように、今の自分に満足するのではなく一緒に働く皆様にとって少しでもプラスになれるように頑張ります。

市原さんって
どんな人か教えてください

answerer近藤 秀和

好奇心旺盛で凄く積極的にいろいろなことにチャレンジしてくれています。
特に彼女の素晴らしいところは、「質問できるところ」ですね。
違うと思ったら物おじせずに「違う」と伝えてきますし、わからないことは「わからないので教えてください」とハッキリ言います。
中途半端にせず、きちんと自分に取り込んでから必要であれば周囲へ落とし込んでくれる、これからも楽しみな存在です。
まぁ、「おてんば」ですけどね。

Answerer Interview

プライバシーマーク制度は事業者の個人情報の取り扱いが適切であるかを評価し、基準に適合した事業者にマークの使用を認める制度です。